社長あいさつ

100%クルマを楽しめる社会の実現へ…

代表取締役吉武 誠一

アパートの一室からスタート

2011年、株式会社くるまのミツクニは、埼玉県ふじみ野市にあるアパートの一室からスタートしました。
創業メンバーはわずか2人。在庫は2台。
当時お店を開いたと同時期に東日本大震災が起き、正直このような状況下でお客様に来ていただけるか不安でしたが、私の不安をよそにお客様は来て下さいました。

創業の想い

日本国内にはたった一回の失敗でオートローンを組めない方が多くいます。
私の叔父もその一人で、自分で会社を営んでおり、失敗した過去がありました。
ある日叔父から連絡があり、車が壊れてしまった、車を買いたいがオートローンも組めないし、一括で購入するお金もない。
ただ、月々2万円なら払えると。
この時私は思いました、私の叔父に限らず、過去に失敗し、車を買えなくて困っている人がいるのではないかと。

私は自社ローンという新しい文化を作ることを決意しました。
クルマは趣味や贅沢品と考えている方もいらっしゃいますが郊外や地方に行きますと、自転車以上に移動手段として使われている生活にとって欠かせないものとなっています。
その生活必需品がちょっとした人生のつまずきで購入できず、負のスパイラルから抜け出せない人がたくさんいらっしゃることに気がつきました。
そんな方を全社員で心から応援したいと思っています。ここにミツクニの原点があります。